弁護士費用

「弁護士の費用は高い?」「後で莫大な請求が来るのでは?」そんな心配・疑問をお持ちでしょうか?

【 初回無料 】無料法律相談を実施しています。

当事務所では、常時複数の不倫慰謝料案件を取り扱っており、弁護士の費用は、全ての金額・計算方法を契約書に予め明記する明朗会計です。「弁護士に依頼するのは始めて」という方でも、安心してご依頼できるよう、分かりやすいご説明に努めております。

不倫慰謝料を「請求する場合」であれば、相手の支払う慰謝料の中から成功報酬や実費を精算させていただくことが一般的です。
不倫慰謝料を「請求される場合」であれば、示談などが成立して案件が解決した段階で、相手への支払いとは別に、弁護士への成功報酬をお支払いいただく方式となります。

正式ご依頼の際には、費用の金額や計算方法は契約書に明記されますから、後で不明確な費用が発生することはありません。
法律相談の際にご事情やご希望を詳しくお聞きした上で、当事務所にてお引き受けする場合の費用・計算方法をご提示いたします。
不明点等ございましたら、お気軽におっしゃってください。


不倫慰謝料を<請求する側>

着手金 15万円

ご事情・難易度を考慮して費用をご提示しますが、大多数のケースではこちらの金額となります。

報酬金 不倫相手から回収に成功した慰謝料の20%

【解決時の報酬例】
慰謝料150万円の回収に成功した場合
→ 報酬金は、回収額の20%+消費税、32万4000円となります。

<備考>
■消費税が別に生じます。
■報酬金は成果報酬のため、実際に慰謝料を獲得できなかった場合には発生しません。
■報酬金は上記割合を基本としますが、相手夫婦について離婚の有無、お持ちの証拠の強度等の事情により、難易度を考慮の上で加算の上、ご提案させていただく場合があります。
■裁判を起こす場合、10万円の追加費用が生じます。
■愛知県・岐阜県・三重県内の裁判所に弁護士が出廷する場合、弁護士日当・裁判費用などの追加費用は発生しません。交通費のみ実費としてご負担ください。
■報酬金は、経済的利益に対する割合(%)でご提案することを原則としますが、案件により固定額をご提案することもございます。
■弁護士費用を含む契約内容については、法律相談の際に弁護士から詳しくご説明を差し上げ、契約書に明記します。


不倫慰謝料を<請求される側>

着手金 15万円

ご事情・難易度を考慮して費用をご提示しますが、大多数のケースではこちらの金額となります。

報酬金 減額に成功した部分の10%~20%

「請求された」方の場合、相手の請求額が非常に幅広いため、相手の請求額および本件の難易度に応じて報酬割合を調整させていただきます。
請求額が著しく高い場合・著しく低い場合の報酬割合は、法律相談の際に別途ご提案させていただく場合があります。

【解決時の報酬例】
報酬割合15%の案件
300万円の支払請求を受けていた件について、100万を支払う示談が成立した場合
→ 減額成功部分200万円の15%+消費税にあたる32万4000円(消費税込)が報酬となります。

報酬割合10%(消費税込 課税前10%)の案件
500万円の支払請求を受けていた件について、150万を支払う示談が成立した場合
→ 減額成功部分350万円の10%+消費税あたる37万8000円(消費税込)が報酬となります。

<備考>
■消費税が別に生じます。
■裁判を起こされた場合、10万円の追加費用が生じます。
■愛知県・岐阜県・三重県内の裁判所に弁護士が出廷する場合、弁護士日当・裁判費用などの追加費用は発生しません。交通費のみ実費としてご負担ください。
■報酬金は、経済的利益に対する割合(%)でご提案することを原則としますが、案件により固定額をご提案することもございます。
■弁護士費用を含む契約内容については、法律相談の際に弁護士から詳しくご説明を差し上げ、契約書に明記します。


警告対応 5万円

不倫相手の配偶者から「勤務先に不倫の事実を知らせる」「親に言う」といった脅し・嫌がらせや、不倫慰謝料と直接関係のない不当な要求を受けている方
「具体的な慰謝料請求がまだ無い段階」でも、弁護士が相手に警告文を送付し、今後の連絡窓口となります。

※消費税が別に生じます。
「すでに具体的な慰謝料請求を受けている方」については、相手への警告対応についても慰謝料請求対応の業務内で行います。

「職場に知らせる」「親に言う」と脅されている方


実費について

弁護士がいただく費用・報酬とは異なりますが、ご本人の支出となるものとして、業務遂行を行うために必要な実費があります。例えば内容証明郵便を出すための郵便代、訴状に貼る印紙代、法廷に出廷する際の交通費などです。
訴状に貼る印紙代ですが、100万円を請求する裁判を起こすためには1万円、200万円を請求する裁判を起こすためには1万5000円の収入印紙が必要です。

愛知県・岐阜県・三重県方の裁判所へ出廷する場合であれば、日当や出廷費用などは不要ですから、交通費のみご負担をお願いしています。こうした点についても、ご心配な点があればお気軽に聞いてください。


法律相談の費用

法律相談は、不倫慰謝料を「請求する側」「請求された側」ともに初回 無料相談を実施しております。

・初回無料相談には、特に制限時間は設けていません。通常30分~1時間程度が多いです。

・2回目以降の法律相談は、30分につき5000円の有料相談となります。
・2回目以降の法律相談を実施後、そのまま正式ご依頼となった場合、法律相談の費用は生じません。>

【ご注意】不倫慰謝料を「請求される側」の場合、実際に不倫慰謝料に関する請求や通知を受けた・受けている方が無料相談の対象です。「まだ内容証明郵便や連絡などは何も来ないが、心配なので相談したい」という場合には、相談開始時から30分間につき5000円の有料相談となります。

これまでの経緯やご本人のお気持ちをお聞きした上で、弁護士から不倫慰謝料請求の概要や進み方、解決の見通し、当事務所でお手伝いする場合の弁護士費用などをご説明いたします。

  • 消費税が別に生じます。
  • 弁護士からのご説明、ご質問に対する回答、解決方針のご提案のみであれば、30分~50分程度で終了することが一般的です。
  • 無料法律相談実施後、そのまま正式ご依頼の場合には、契約書の作成や内容のご説明、追加聴取などを行うため、トータルで1時間~1時間半程度かかることがあります。

初回無料相談実施中!

不倫慰謝料を請求したい方
不倫慰謝料を請求された方

お知らせ

無料相談のご予約・お問い合わせは TEL:0120-758-432

名古屋駅からスグ、桜通口から徒歩3分!

  • 弁護士ブログ
  • 清水綜合法律事務所